外壁塗装で、住宅の外壁を守ることができる塗装のタイミング

外壁塗装

  

塗装のタイミング

設計図と積み木の家

リフォーム工事をする際に、内側だけではなく外壁塗装をして外側も保護、補強をした方が良いです。外壁塗装をする際は、真冬は避けた方が良いです。その理由は、気温5度以下、湿度80パーセント以上の状況は塗装に向かないからです。

この記事の続きを読む

大切な色選び

木の壁と作業服の男性

外壁塗装をする際に塗り替え時期を重要視するのは大切ですが、色選びも重要です。イメージしていた色が違うとがっかりしてしまいます。使おうと思っている塗料を使用した現場を見てみたり、試し塗りをしてしまみたりすることが大切です。

この記事の続きを読む

信頼できる業者

ベージュの煉瓦の壁

外壁塗装を業者に依頼することで、満足いく外壁塗装をすることができます。塗装工事は建設リフォーム工事の中でも、高い金額がかかります。ですから、信頼できる業者に依頼することが重要です。

この記事の続きを読む

塗装と塗料の種類

走り回る子と見守る母親

外壁塗装を大阪でしたもらうならここに行きましょう!家が古くなってきた、壁が剥がれてきたという方はオススメですよ!

あなたの家の塗装をお任せするなら丁寧な施工をしてくれる名古屋の外壁塗装業者に依頼しましょう。

新築の際に耐久性が高い外壁塗装を行うことで、綺麗な状態の外壁を維持することができます。新築ではない場合も、紫外線や雨風から外壁を守ることができるのです。
一口に外壁塗装と言っても、様々な種類があります。大きく分けると吹付けタイルの中粒仕上げ、吹付けタイルの抑え仕上げ、リシン、スタッコ、サイディングです。
練り物素材を吹き付けて、凹凸模様のパターンをつけて、それから色付けして仕上げる方法を、吹き付けタイルの中粒仕上げと言います。
吹き付けタイルの中粒仕上げの方法で、模様を吹き付けた後に表面を潰した模様におしたものを、吹き付けタイルの押さえ仕上げと言います。この吹付けタイルの抑え仕上げが、外壁材の中で最も使われています。
砂壁嬢の吹付け壁がリシンです。和風の建築で使われることが多いです。表面は小さな石いなっています。
手触りがザラザラしていて、石粒を使っているのがスタッコです。
サイディングには、金属系と非金属系があります。金属系のサイディングは、油性塗料だけ使うことができます。非金属系は油性塗料だけではなく、水性系、油性系の両方を使えます。

外壁塗装の種類だけではなく、塗料の種類も様々あるので、自分の目的に応じて選ぶことが大切です。
数年前までオーソドックスだったのは、アクリルです。耐久年数は5年~8年程度です。グレードが高い塗料が誕生したので、外壁塗装として使われることが少なくなりました。
現在オーソドックスなのは、ウレタンです。10年程度の耐久年数です。コストパフォーマンスも良いですし、性能も良いので、利便性が高いです。
シリコンとフッソは高級グレードです。それぞれ耐久年数が13年程度、15年以上と長いです。